ペアの言葉「安心と安全」「説明責任と自己責任」 What Safety Engineering can do for the Realization of Safety Feeling

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

収録刊行物

  • 安全工学

    安全工学 42(5), 289, 2003-10-15

    安全工学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10012511745
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00012812
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    OTR
  • ISSN
    05704480
  • データ提供元
    CJP書誌  J-STAGE 
ページトップへ