オンラインガスコントロール : 脱気・脱泡の最適化が導くプロセス及び製品品質の改善 Optimized Deaeration Lead to Substantial Process and Quality Improvements in Paper Manufacturing

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

近年, 製紙工場の工場水のクローズド・ループ, 高速になり続ける抄紙機, 工程の蓄積する疎水性物質, 填料としての炭酸カルシウムの使用など, 工場環境が多くの要因となり気泡・溶存ガス含有量の上昇を引き起こし, 製紙プロセスにおける気泡・溶存ガスは製紙会社によって深刻な問題となっている。気泡・溶存ガスの寄って発生する典理的な製造の諸問題は, 高出力ポンプの必要性, ワイヤー・プレスとドライヤーセクションでの沈積物 (ピッチ, 欠点), 泡、(気泡) の増加, 疎水性物質の蓄積, 浮遊樹脂と粘着性物質を原因とする断紙, ワイヤー初期濾水の低下がある。製紙プロセスにおける気泡・溶存ガスに起因する地合や多孔性と印刷性の低下, 斑点やピンホールの出現, 強度低下等により, 製品品質は失われていく。本稿はオンライン・ガス分析装置による工場での実施テストにより, 原料懸濁液中の脱気を最適化すればこれらの問題は十分に解決, あるいは防止することができることを示すものである。

High air or gas contents in pulp suspensions constitute a serious problem area in papermaking. They are responsible for higher pump energy demand. deposits. pinholes. foaming and several other problems. An underestimated source of these problems is dissolved gases. High contents of dissolved gases mainly originate from a decomposition of calcium carbonate where carbon dioxide is formed. In comparison to air and its components. carbon dioxide is far more easily dissolved in water. The immense pressure drop at the wire and at the foils leads to dissolved gases being released. The measurement results achieved in various mills show that determining the levels of entrained and dissolved gases online enables the optimization of prevention measures as well as mechanical and chemical deaeration. The results also show that online control of deaerator chemicals based on the measurement values leads to substantial costreductions, process improvements and quality enhancements in paper manufacturing.

収録刊行物

  • 紙パ技協誌

    紙パ技協誌 57(12), 1803-1810, 2003-12-01

    JAPAN TECHNICAL ASSOCIATION OF THE PULP AND PAPER INDUSTRY

参考文献:  11件中 1-11件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10012513920
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00379952
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    0022815X
  • データ提供元
    CJP書誌  J-STAGE 
ページトップへ