個人識別符号にIPv6アドレスを使用するシステムの提案 A proposal of a system where IPv6 address is used as the user identification symbol

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 菅野 信 SUGANO Makoto
    • ノキア・ジャパン株式会社 ノキア・リサーチセンター Nokia Research Center, Nokia Japan Co., Ltd.
    • 森 英悟 MORI Eigo
    • ノキア・ジャパン株式会社 ノキア・リサーチセンター Nokia Research Center, Nokia Japan Co., Ltd.

抄録

様々な知的デバイスがネットワークを通じて結合される、いわゆるユビキタスコンピューティングを実現する基盤技術としてIPv6が浸透しつつあり、IPv6対応の家電製品などが各メーカから発表されている。ユビキタスコンピューティングにおいてユーザを識別するユーザ情報は重要なコンテキスト情報の一つであり、各デバイスはユーザ情報を簡潔かつ的確に知る必要がある。我々はユビキタスコンピューティングにおけるユーザ識別の手法としてIPv6アドレスを直接使用する方法を提案する。本稿では提案手法の詳細を説明し、実際に提案手法を用いて構築したシステム上で行った実証実験の結果を報告する.In ubiquitous environment, various kinds of intelligent devices will be connected to network and IPv6 is expected to support the communications among them. Based on this background, some home electronic appliances, which are capable of IPv6 networking, have started to appear. These intelligent devices are supposed to know user information since it is one of the most important contexts in ubiquitous computing. We have developed a system where IPv6 address is used as the user identification symbol and confirmed that the authentication application on the system can easily be developed.

収録刊行物

  • 情報処理学会研究報告モバイルコンピューティングとユビキタス通信(MBL)

    情報処理学会研究報告モバイルコンピューティングとユビキタス通信(MBL) 2003(93(2003-MBL-026)), 75-82, 2003-09-25

参考文献:  6件中 1-6件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10012518118
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11851388
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    Technical Report
  • ISSN
    09196072
  • データ提供元
    CJP書誌  IPSJ 
ページトップへ