堆肥化実験装置の開発 Development of Experimental Device for Composting

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 向 弘之 MUKAI Hiroyuki
    • (独)農業・生物系特定産業技術研究機構 北海道農業研究センター National Agricultural Research Center for Hokkaido Region

抄録

堆肥化施設における堆肥材料の堆積高さと同等の高さで、上端が開放された円筒発酵槽を有する堆肥化実験装置を考案した。発酵槽の側面が保温材で覆われ、保温材の外周面がシートヒータで覆われている。シートヒータは高さ方向に数段に分割され、各段が独立に保温材の内周部と外周都の温度差が微少になるように発熱が制御される。これにより、堆肥材料の高さ方向に生ずる温度分布を妨げずに、発酵槽の側方への熱流が抑制される。材料の堆積状態や、材料中の熱・水分移動などが実際と同じになると見なすことができ、少量の供試材料で実際の堆肥化を再現した堆肥化実験を行うことができる。

収録刊行物

  • 農業施設

    農業施設 34(4), 249-256, 2004-03-25

    農業施設学会

参考文献:  7件中 1-7件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10012700953
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00201054
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    03888517
  • NDL 記事登録ID
    6904956
  • NDL 雑誌分類
    ZR7(科学技術--農林水産--農産)
  • NDL 請求記号
    Z18-1016
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  IR 
ページトップへ