IL-2療法により長期間生存中の原発巣, 骨・肺転移巣を有する腎細胞癌の1例 Successful interleukin-2 therapy for a case of renal cell carcinoma having primary and multiple metastases lesions

この論文をさがす

著者

    • 小石 浩久
    • 総合大雄会病院整形外科 Department of Orthopaedic Surgery, Daiyukai General Hospital
    • 四戸 隆基
    • 総合大雄会病院整形外科 Department of Orthopaedic Surgery, Daiyukai General Hospital

収録刊行物

  • 中部日本整形外科災害外科学会雑誌

    中部日本整形外科災害外科学会雑誌 46(6), 1143-1144, 2003-11-01

参考文献:  3件中 1-3件 を表示

  • <no title>

    阿曽佳郎監修

    腎細胞癌に対するインターロイキン-2使用臨床例集, 2001

    被引用文献1件

  • <no title>

    阿曽佳郎監修

    腎細胞癌に対するインターロイキン-2使用臨床例集2, 2003

    被引用文献1件

  • 動注療法

    武内章二

    臨整外 26, 731-774, 1991

    被引用文献1件

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10012754267
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00146397
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    00089443
  • データ提供元
    CJP書誌 
ページトップへ