繰り返す腸炎症状で発症した特発性門脈血栓症の1例 Idiopathic portal vein thrombosis with symptoms of recurring enterocolitis

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

症例は42歳,男性.血便で入院し,出血性大腸炎の所見を認めたが保存的治療で軽快した. 3カ月後,腹痛,嘔気で再入院し,腹部CT,エコー,血管造影で門脈,上腸間膜静脈に広範な血栓を認めた.特発性門脈血栓症と診断し,抗凝固療法を3カ月継続したところ血栓は消失した.以後治療を中止したが再発なく経過している.腸炎症状を繰り返し,抗凝固療法が有効であった特発性門脈血栓症の一例を報告する.

収録刊行物

  • 日本内科学会雑誌

    日本内科学会雑誌 92(8), 1524-1527, 2003-08-10

    The Japanese Society of Internal Medicine

参考文献:  5件中 1-5件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10012755579
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00195836
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    00215384
  • NDL 記事登録ID
    025079366
  • NDL 請求記号
    Z19-222
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ