免疫抑制療法および血漿交換療法が奏効した後天性血友病Aの1症例 Acquired hemophilia A successfully treated with immunosuppressive therapy and plasma exchange

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 丸山 大 MARUYAMA Dai
    • 東京慈恵会医科大学附属柏病院内科 Department of Internal Medicine, Kashiwa Hospital, Jikei University School of Medicine
    • 西脇 嘉一 NISHIWAKI Kaichi
    • 東京慈恵会医科大学附属柏病院内科 Department of Internal Medicine, Kashiwa Hospital, Jikei University School of Medicine
    • 佐野 公司 [他] SANO Koji
    • 東京慈恵会医科大学附属柏病院内科 Department of Internal Medicine, Kashiwa Hospital, Jikei University School of Medicine
    • 増岡 秀一 MASUOKA Shuichi
    • 東京慈恵会医科大学附属柏病院内科 Department of Internal Medicine, Kashiwa Hospital, Jikei University School of Medicine
    • 横山 洋紀 YOKOYAMA Hiroki
    • 東京慈恵会医科大学附属柏病院内科 Department of Internal Medicine, Kashiwa Hospital, Jikei University School of Medicine
    • 萩野 剛史 HAGINO Tsuyoshi
    • 東京慈恵会医科大学附属柏病院内科 Department of Internal Medicine, Kashiwa Hospital, Jikei University School of Medicine
    • 片山 俊夫 KATAYAMA Toshio
    • 東京慈恵会医科大学附属柏病院内科 Department of Internal Medicine, Kashiwa Hospital, Jikei University School of Medicine
    • 小林 正之 KOBAYASHI Masayuki
    • 東京慈恵会医科大学附属柏病院内科 Department of Internal Medicine, Kashiwa Hospital, Jikei University School of Medicine

抄録

症例は78歳,男性.右腸腰筋内出血にて発症し,検査所見より後天性血友病Aと診断した.中和療法,バイパス療法の効果は一過性であったため,ステロイドでの免疫抑制療法を施行した後に血漿交換療法を施行した.その後第VIII因子inhibitor (FVIII-I)力価は著明に減少し, APTT,第VIII因子(FVIII)ともに正常化し,出血症状も消失した.後天性血友病Aは非常に稀な疾患で,確立した治療法もなく,本症例は示唆に富む貴重な症例と考えられた.

収録刊行物

  • 日本内科学会雑誌

    日本内科学会雑誌 92(8), 1537-1539, 2003-08-10

    The Japanese Society of Internal Medicine

参考文献:  8件中 1-8件 を表示

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10012755607
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00195836
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    00215384
  • NDL 記事登録ID
    025079514
  • NDL 請求記号
    Z19-222
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ