鉄筋コンクリート造建物の耐震性能評価指針(案)の概要 An Outline of "Guidelines for Performance Evaluation of Earthquake-Resistant Reinforced Concrete Buildings (Draft)" by Architectural Institute of Japan

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

日本建築学会は2004年1月に「鉄筋コンクリート造建物の耐震性能評価指針 (案) ・同解説」を公表した。この指針では, すでに設計が完了した建物が保有する耐震性能を評価するための指標とともに, 具体的な評価手法が示されている。保有性能指標は構造物が限界状態に達する地震動の強さ (レベル) で表示するが, 基準地震動に対する強さの比で確定的に表現する方法を基本にして, 特定の地域において発生する地震動の超過確率として評価する方法も示されている。限界状態は使用性, 修復性, 安全性に関して定義されるが, 部材の残留損傷状態に基づいて限界状態に対応する構造物の最大塑性変形 (限界変形) および地震動による応答変形を実用的に評価する手法が示されている。本稿ではこの指針 (案) の考え方や背景を紹介する。

"Guidelines for Performance Evaluation of Earthquake-Resistant Reinforced Concrete Buildings (Draft)" was published from Architectural Institute of Japan (AIJ) in January 2004. The report outlines the guidelines. The guidelines proposed a method for evaluating actual seismic performance level of a reinforced concrete building, which has been designed based on an appropriate design guidelines. The seismic performance level is expressed with the basic seismic capacity index in the standard deterministic procedure, which is defined as the amplitude ratio of the limit earthquake intensity to the standard earthquake intensity for each limit state, when the estimated response of the structure attained to the limit state. The limit states of the structures are selected on the inelastic load-deformation curve based on the residual damage levels of members as four levels : (1) serviceability, (2) reparable I, (3) reparable II, and (4) safety. Probabilistic evaluation of the seismic performance is also presented as an additional procedure. Performance levels are expressed as the excessive probability of the response over the limit state within the design service life of the building considering deviations of earthquake intensity, response estimation, and limit state evaluation. Practical evaluation methods for the demands and the limit states are presented in the guidelines, which are based on recent experimental and analytical research.

収録刊行物

  • コンクリート工学 = Concrete journal

    コンクリート工学 = Concrete journal 42(7), 3-8, 2004-07-01

    公益社団法人 日本コンクリート工学会

参考文献:  1件中 1-1件 を表示

  • <no title>

    日本建築学会

    鉄筋コンクリート造建物の耐震性能評価指針(案) 同解説, 2004

    被引用文献2件

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10012757015
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00094169
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    03871061
  • NDL 記事登録ID
    7020719
  • NDL 雑誌分類
    ZN1(科学技術--建設工学・建設業)
  • NDL 請求記号
    Z16-89
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ