グラウンドアンカーの凍上対策に関する研究 A FROST-HEAVE-PROOFING TECHNIQUE FOR GROUND ANCHORAGES

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

本論文は, グラウンドアンカー頭部に設置した皿ばねの凍上対策としての効果の検証を目的として実施した, 模型地盤の凍上実験結果について述べている. 実験ではアンカーを設置しないで地表面の拘束条件を変化させた場合, および模型地盤内にアンカーを設置し, その頭部に皿ばねを設置した場合と設置しない場合について実施した. その結果, 以下の結論を得た. 1) 凍上時のアンカー緊張力と定着板の凍上変位は双曲線の関係にある. 2) アンカー頭部に皿ばねを設置することによって, 凍上現象に伴う緊張力増加は抑制されるという結果が得られ, 皿ばねの凍上対策としての効果が検証できた. さらに, 本論文ではグラウンドアンカーの凍上対策としての皿ばねの仕様の決定方法を示している.

This paper describes the results of a frost-heaving model test with anchorage in order to verify the frost-heave-proofing effect of a coned disk spring on the anchor head. The tests were carried out for changing restricted conditions without an anchor, and for changing initial working load condition of anchors with and without a coned disk spring on the anchor head. The following conclusions were obtained. 1) The anchor-working load and the displacement of an anchor plate at the time of frost heave have a hyperbolic relation. 2) A coned disk spring on an anchor head greatly decreased the working load during the frost heaving model test and also improved the anchorage frost heaving resistance. This paper also proposes a method for designing the coned disk spring on the anchor head.

収録刊行物

  • 土木学会論文集 = Proceedings of JSCE

    土木学会論文集 = Proceedings of JSCE (764), 37-51, 2004-06-21

    公益社団法人 土木学会

参考文献:  21件中 1-21件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10012757709
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10014020
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    02897806
  • NDL 記事登録ID
    7021341
  • NDL 雑誌分類
    ZN1(科学技術--建設工学・建設業)
  • NDL 請求記号
    Z16-6
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ