二重支保の最適施工日差に関する擬似クリープ法による解析的研究 ANALYTICAL STUDY TO DETERMINE OPTIMUM INTERVALS BETWEEN SUCCESSIVE CONSTRUCTIONS IN THE MULTIPLIED TUNNEL SUPPORT SYSTEM

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

北陸新幹線飯山トンネルでは, 大変形に対処するため, 吹付けコンクリートとロックボルトによる一次支保施工後さらに吹付けコンクリートによる二次支保を施工する二重支保工法を採用した. 本研究では, 一次支保施工終了後から二次支保施工までの最適施工日差を切羽進行に伴うひずみの増加を擬似クリープ法により表現した二次元FEMプログラムを用いて求める. 上記の手法は, 本来三次元問題であるトンネルの掘削解析を擬似的に二次元で処理するためのものである. クリープ倍率は2.0とし, クリープ時間係数は切羽の進行速度より算出する. 本解析結果は擬似クリープ法の機能を最も有効に活用したものとして発表する. なお, 吹付けコンクリートの等価弾性係数は従来値を目的に合わせ見直した.

To prevent large deformation in the Iiyama Tunnel of the Hokuriku Shinkansen, NATM supports were erected twice in succession at the same location. This method is called the Multiplied Tunnel Support System. In this paper, the optimum time interval between construction of the first and second supports was derived analytically by FEM using the estimated creep method. The research reinvestigates analysis using the equivalent elastic modulus of shotcrete. The interval of construction at the site was 12 days, which was very near the ideal interval derived by analysis.

収録刊行物

  • 土木学会論文集 = Proceedings of JSCE

    土木学会論文集 = Proceedings of JSCE (764), 121-131, 2004-06-21

    公益社団法人 土木学会

参考文献:  7件中 1-7件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10012757838
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10014020
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    02897806
  • NDL 記事登録ID
    7021390
  • NDL 雑誌分類
    ZN1(科学技術--建設工学・建設業)
  • NDL 請求記号
    Z16-6
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ