セメント改良土から溶出する六価クロムに土壌の吸着・還元作用が及ぼす影響 INFLUENCE OF ADSORPTION AND REDUCTION BY SURROUNDING SOIL ON HEXAVALENT CHROMIUM LEACHED FROM CEMENT TREATED SOIL

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

セメント改良土から六価クロムが溶出する可能性がある. このため, 過去に施工されたセメント改良土およびその周辺土壌をサンプリングし溶出試験を行った. この結果では, 改良土から六価クロムの溶出があった箇所でもその周辺土壌からは六価クロムの溶出は確認されなかった. 六価クロムは周辺土壌の吸着・還元作用によって捕捉されることにより検出されなかったと考えられる. この周辺土壌による吸着・還元作用についてカラム通水実験およびバッチ試験によってその効果を確認し, 次のことが明らかになった. 土の種類によって吸着の強さ, 吸着量が異なること. 時間の経過とともにより強い吸着に進行し, 還元作用の発現とともに捕捉される六価クロムは増加すること.

Some cement treated soils can leach hexavalent chromium, Cr (VI). Leaching tests of samples of previously executed cement treated soils and their surrounding soils have been performed. The results indicate that there is no Cr (VI) detected, even in the soil surrounding cement treated soil in which Cr (VI) is detected. This shows that Cr (VI) is adsorbed or reduced in the surrounding soil. A culum experiment and a batch experiment were done to confirm these effects. The experiments demonstrate that the capacity and strength of adsorption varies with the soil, that the strength of adsorption grows as time passes, and that the emergence of the redox action increases the quantity of Cr (VI) that is captured.

収録刊行物

  • 土木学会論文集 = Proceedings of JSCE

    土木学会論文集 = Proceedings of JSCE (764), 133-145, 2004-06-21

    公益社団法人 土木学会

参考文献:  23件中 1-23件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10012757846
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10014020
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    02897806
  • NDL 記事登録ID
    7021401
  • NDL 雑誌分類
    ZN1(科学技術--建設工学・建設業)
  • NDL 請求記号
    Z16-6
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ