抗結核薬副作用におけるリンパ球刺激試験(LST)の有用性の検討 THE USEFULNESS OF LYMPHOCYTE STIMULATION TEST (LST) IN SIDE EFFECTS OF ANTITUBERCULOSIS DRUGS

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

[目的と方法] 抗結核薬による副作用が発生しリンパ球刺激試験 (以下, LST) を施行した結核治療患者においてLSTの有用性について検討した。 [結果] LST施行患者が36名あり, LSTの陽性率は30.6% (11/36) であった。副作用別のLSTの陽性率は皮疹, 発熱に比較して肝機能障害では低値であった。LSTの感度46.2%, 特異度76.6%であった。 [結論] 抗結核薬を中止するような副作用が発生した場合でもLSTの陽性率は低く原因薬剤決定には不十分であると思われた。

[Purpose] The usefulness of the lymphocyte stimulation test (LST) was examined in patients who arose side effects to antituberculosis drugs.<BR>[Methods] The usefulness of LST was examined in 36 patients from January, 1999 to July, 2002.<BR>[Results] There were 11 LST positive patients, and the LST positive rate was 30.6%. The causing agents determined by the LST positive patients were INH in 7, RFP in 3 and EB in one. The sensitivity of LST was 46.2% and the specificity of LST was 76.6%.<BR>[Conclusion] LST positive rate of antituberculosis drugs was low and it was difficult to determine the causing drugs by LST.

収録刊行物

  • 結核

    結核 79(1), 7-10, 2004-01-15

    JAPANESE SOCIETY FOR TUBERCULOSIS

参考文献:  7件中 1-7件 を表示

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10012840812
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00073442
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    00229776
  • NDL 記事登録ID
    026778472
  • NDL 請求記号
    Z19-133
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ