血液疾患治療とDDS Treatment of blood diseases and DDS:Treatment of blood diseases and DDS

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

エリスロポエチンや顆粒球コロニー刺激因子などの造血因子の臨床応用は各種の病態の治療に役立っている. さらに, 血液疾患の治療においては分子標的療法が有効性を示す例があり, レチノイン酸による急性前骨髄球性白血病の分化誘導療法, イマチニブによる慢性骨髄性白血病の治療, 抗CD20抗体によるB細胞性悪性リンパ腫の治療などはその代表的なものである.

Clinical application of hematopoietic growth factors such as erythropoietin and granulocyte colony-stimulating factor is useful in the treatment of various diseases. Moreover, molecular targeting therapy is effective in certain hematological diseases. Differentiation therapy of acute promyelocytic leukemia by all-trans retinoic acid, treatment of chronic myeIogenous leukemia by imatinib mesilate, and treatment of B cell malignant lymphoma by anti-CD20 antibody are the most popular treatments in this field.

収録刊行物

  • Drug delivery system

    Drug delivery system 19(2), 90-94, 2004-03-10

    日本DDS学会

参考文献:  4件中 1-4件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10012844342
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10084591
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    09135006
  • データ提供元
    CJP書誌  J-STAGE 
ページトップへ