RAにおける抗サイトカイン療法 Anti-cytokine biological therapy in RA:Anti-cytokine biological therapy in RA

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 竹内 勤 TAKEUCHI Tsutomu
    • 埼玉医科大学総合医療センター第二内科 Second Department of Internal Medicine, Saitama Medical Center, Saitama Medical School

抄録

関節リウマチ(以下RA)は, 関節滑膜を病変の主座とし, 関節破壊, 関節変形をきたす原因不明の炎症性疾患である. その病態にはTNF<I>α</I>, IL-1, IL-6などの炎症性サイトカインが深く関与することが明らかとなった. これらの炎症性サイトカインの生物活性を抑制・制御する抗サイトカイン療法が開発され, 臨床現場に導入された. その画期的効果が報告され, 注目されている. キメラ型抗TNF<I>α</I>モノクローナル抗体(infliximab), 完全ヒト型抗TNF<I>α</I>モノクローナル抗体(adalimumab), 可溶性TNFレセプターとIgG-Fcとの融合蛋白(etanercept), IL-1 ra(anakinra)の4製剤が米国で承認され, 多くのRA患者に使用されている. また, 抗IL-6レセプターモノクローナル抗体は日本, 欧州において治験がはじまっている. これらの生物学的製剤は, これまでの抗リウマチ薬にない特徴を有しており, それに対する十分な知識と, 疾患活動性の評価がリウマチ専門医に求められている.

Rheumatoid arthritis (RA) is characterized by persistent synovial inflammation, resulting in destruction of joints. It has been demonstrated that the pro-inflammatory cytokines play a pivotal role in the pathogenesis of RA, raising a hypothesis that the blockade of the cytokine cascade may provide a new therapeutic modalities in the disease. Biological agents inhibiting the function of inflammatory cytokines thus have been developed. Chimeric monoclonal antibody to TNF<I>α</I>(infliximab), full human antibody to TNF<I>α</I>(adalimumab), TNF receptor 2-IgG fusion protein(etanercept), and IL-1 ra(anakinra) are new approved for RA in the states. In 2003, infliximab has just approved for RA in Japan, and we are now facing with the biological era. In this paper, the recent progress of anti-cytokine biological agents is reviewed.

収録刊行物

  • Drug delivery system

    Drug delivery system 19(2), 95-102, 2004-03-10

    日本DDS学会

参考文献:  32件中 1-32件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10012844347
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10084591
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    09135006
  • データ提供元
    CJP書誌  J-STAGE 
ページトップへ