アレルギー疾患とDDS DDS in treatment for allergic diseases:DDS in treatment for allergic diseases

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 大田 健 OHTA Ken
    • 帝京大学医学部内科学講座呼吸器・アレルギー学 Division of Respiratory Medicine and Allergology, Teikyo University School of Medicine

抄録

アレルギー疾患として喘息に焦点を絞り, 喘息の病態とバイオ医薬による標的治療について概説した. 喘息の病態には多くのサイトカインが関与しており, いずれも喘息治療の標的となりうる. これまでにIL-4, IL-5, IL-12を標的とする治療が検討されたが, よい結果が得られていない. 一方, ヒト化抗IgE抗体療法は重症の喘息で有用であることが示され, 欧米では実用化されている.

Pathogenesis of asthma involves various cytokines, which could be a target for asthma therapy. So far, biological agents targeting IL-4, IL-5 and IL-12 have not been successful, while treatment with humanized anti-IgE antibody has been shown to be beneficial for severe athmatics.

収録刊行物

  • Drug delivery system

    Drug delivery system 19(2), 110-116, 2004-03-10

    日本DDS学会

参考文献:  19件中 1-19件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10012844407
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10084591
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    09135006
  • データ提供元
    CJP書誌  J-STAGE 
ページトップへ