ノーベル化学賞受賞研究の軌跡 Process of the Research and Development Received Nobel Prize in Chemistry 2002

この論文をさがす

著者

収録刊行物

  • 臨床病理 = THE OFFICIAL JOURNAL OF JAPANESE SOCIETY OF LABORATORY MEDICINE

    臨床病理 = THE OFFICIAL JOURNAL OF JAPANESE SOCIETY OF LABORATORY MEDICINE 52(1), 35-41, 2004-01-25

参考文献:  9件中 1-9件 を表示

  • <no title>

    吉田佳一

    昭和62年度質量分析連合討論会講演要旨集, 12-13, 1987

    被引用文献2件

  • <no title>

    秋田智史

    昭和62年度質量分析連合討論会講演要旨集, 14-15, 1987

    被引用文献2件

  • <no title>

    井戸豊

    昭和62年度質量分析連合討論会講演要旨集, 20-21, 1987

    被引用文献2件

  • <no title>

    田中耕一

    昭和62年度質量分析連合討論会講演要旨集, 22-23, 1987

    被引用文献2件

  • <no title>

    吉田多見男

    昭和62年度質量分析連合討論会講演要旨集, 30-31, 1987

    被引用文献2件

  • <no title>

    吉田佳一

    質量分析 36, 49-58, 1988

    被引用文献2件

  • <no title>

    吉田多見男

    質量分析 36, 59-69, 1988

    被引用文献2件

  • <no title>

    TANAKA K

    Second Japan-China Joint Symposium on Mass Spectrometry (abstract), 1987, 185-188, 1987

    被引用文献1件

  • <no title>

    TANAKA K

    Rapid Commun Mass Spectrom 2, 151-153, 1988

    被引用文献1件

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10012861465
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00253932
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    00471860
  • データ提供元
    CJP書誌 
ページトップへ