2002/2003シーズンの当院小児科におけるインフルエンザへの取り組み Review of the Strategy against Influenza Virus Infection During the 2002-2003 Season

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

2000年9月に筆者が当科に赴任して以来, 2002/2003は3回目のインフルエンザ・シーズンであった。過去2シーズン同様, 積極的にインフルエンザ対策に取り組み, これを総括した。予防面では, ワクチンの接種料金の値下げを柱として, 接種人数の増大を図った。診断面では, 1種類の迅速診断キットが安定して使用でき, 検査精度の維持に貢献した。治療面では, 巷の抗インフルエンザ・ウイルス剤不足に振り回されることなく, 従来どおりの診療が遂行できた。インフルエンザ脳症やそれに準じた重症例には遭遇しなかった。年末の約2か月間, ワクチン接種に力を注いだ結果, 年明け後のシーズン最盛期にも受診患者数は増加せず, 一般外来診療および病棟運営は混乱なく平常どおりに行うことができた。このことから, 対インフルエンザ戦略の基本はワクチン接種を中心とする予防にあると再認識した。

Following the previous two seasons, we analyzed cases of influenza virus infection during the 2002/2003 season in the Department of Pediatrics, Mito Kyodo General Hospital. Thanks to price reductions, we could increase the number of children who got vaccination ahead of the season. A close watch was kept throughout the season by dint of one precision type of rapid test kit was newly put to use. Although it was reported that there were serious shortages of antiviral agents in some regions, we could afford to treat patients in our department without a hitch. Severe complications such as encephalopathy were not experienced this season. As we vaccinated children early, morbidity decreased remarkably. We could care each case with enough time. Our department and hospital fully realized that the prevention by vaccination is definitely the main strategy against influenza virus infection.

収録刊行物

  • 日本農村医学会雑誌

    日本農村医学会雑誌 52(6), 1001-1008, 2004-03-30

    THE JAPANESE ASSOCIATION OF RURAL MEDICINE

参考文献:  6件中 1-6件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10012862984
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00196216
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    04682513
  • NDL 記事登録ID
    6915937
  • NDL 雑誌分類
    ZS17(科学技術--医学--衛生学・公衆衛生)
  • NDL 請求記号
    Z19-224
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ