自由回答アンケートにおける要求意図判定基準 Request-Intention Judging Criterion for Open-ended Questionnaires

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

本研究の目的は, 様々な立場の回二答者によって書かれた自由記述アンケートの回答から回答者の要求意図を抽出することである. このため, まず, 本研究におけるアンケート調査および自由回答を処理する際の方針を明らかにし, 要求意図に着目したプロセスについて述べた. 次に, 各回答が要求意図を含むかどうかの判定基準として, 典型的な要求表現「てほしい」に言い換え可能かであるかどうかにより判定するという意図判定基準を作成した. この判定基準については, 客観性, 再現性, 有効性の三つの立場からの検証を行った. 始めに客観性について, 同一判定者による検証を行った. 作成した意図判定基準を回答テキストに適用し得られた結果の分析から, 判定基準によって要求が取り出せること, かつ, 従来よりも網羅性が高いことがわかった. また, 分析に基づいて作成されたタグ付けコーパスを対象とした機械学習による実験から, 判定基準の適用結果が客観的であることがわかった.次に, 異なる判定者による検証として, 判定基準を用いて複数の作業者による言い換え実験を行った. この言い換え可否の一致率から判定基準の再現性の高さを示した. さらに, この結果と, 判定基準を用いずに要求か否かを主観的に判断する実験の結果との比較から, 判定基準の有効性を示すことができた.

We aim to extract intentions from open-ended questionnaires. Intentions includerequest, complaint, resignation and so forth. We focus on extracting request intentionsthis time. To extract intentions, we first have to judge reliably whether a givenresponse does contain a request intention or not. Therefore, as a first step, we havedeveloped a criterion for judging the existence of request intentions in responses. The criterion, which is based on paraphrasing, is described in detail in this paper. Our assumption is that a response with request intentions can be paraphrased intoa typical request expression, e. g., "I would like to…, " while responses withoutrequest are not paraphrasable. The criterion is evaluated in terms of objectivity, reproducibility and effectiveness. Objectivity is demonstrated by showing that machinelearning methods can learn the criterion from a set of intention-tagged data, while reproducibility, that the judgments of three annotators are reasonably consistent, and effectiveness, that judgments based not on the criterion but on intuitiondo not agree. This means the criterion is necessary to achieve reproducibility. Theseexperiments indicate that the criterion can be used to judge the existence of requestintentions in responses reliably.

収録刊行物

  • 自然言語処理 = Journal of natural language processing

    自然言語処理 = Journal of natural language processing 11(2), 21-66, 2004-04-10

    一般社団法人 言語処理学会

参考文献:  53件中 1-53件 を表示

被引用文献:  5件中 1-5件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10012867644
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10472659
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    13407619
  • NDL 記事登録ID
    6975177
  • NDL 雑誌分類
    ZU8(書誌・図書館・一般年鑑--図書館・ドキュメンテーション・文書館)
  • NDL 請求記号
    Z21-B168
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ