バチルス菌を利用した高度廃水処理システム(JK-BCシステム) : 畜産廃水における脱窒例 JK-BC System As a Highly Advanced Wastewater Treatment System : Actual Case of Denitrification (Wastewater from Animal Husbandry)

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

「JK―BCシステム」とは,活性汚泥法と回転生物接触法をさらに進化させた廃水処理システムで,高濃度に優先培養された「バチルス菌(好気性菌)」を「JK―BC装置(立体回転装置)」と組み合わせることで,在来菌では処理できなかった窒素,リン,悪臭の除去,高濃度廃水の処理等の諸問題を解決し,さらには省エネ・省コストも実現する画期的な有機系廃水処理システムである。<BR>バチルス菌は,模様が単桿菌形態で不利な環境下でも胞子を作ることができるグラム陽性適性菌。有機系廃水処理の標準的処理システムである標準活性汚泥法で発生する微生物の中にも含まれており,目新しい細菌ではないが,これを優先化培養することで,非常に効果的な特性を発揮する。またJK―BC装置は,接着剤,繊維とも物理化学的にも極めて優れた性質を持つ接触体(塩化ビニリデン系繊維を羊の毛の様にカールさせ,かさ高に並べ,塩化ビニリデン系接着剤で強力に凝縮させた網状体)をベースに開発された装置であり,今までの廃水処理装置の概念を大幅に変える性質を有する。このような双方の特性を第1章では詳しく解説する。そして第2章では,畜産廃水における脱窒例として,既存設備にJK―BCシステムを附設することで,窒素・リン・悪臭まで除去し,高水準の処理水が得られた実際の例を,データーを交えて紹介する。

The JK-BC system is a wastewater treatment system developed as an evolution of activated sludge process and rotating biological contactor process. It uses bacilli (aerobic bacteria) preferentially cultured to a high concentration in combination with JK-BC system (three-dimensional rotating biological contactor) to bring about an evolution in the field of wastewater treatment. The JK-BC system has made it possible to treat high-concentration wastewater to remove nitrogen, phosphor, and odors which cannot be eliminated by the conventional bacteria.

収録刊行物

  • 紙パ技協誌

    紙パ技協誌 58(4), 493-499, 2004-04-01

    JAPAN TECHNICAL ASSOCIATION OF THE PULP AND PAPER INDUSTRY

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10012869352
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00379952
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    0022815X
  • NDL 記事登録ID
    6915007
  • NDL 雑誌分類
    ZP19(科学技術--化学・化学工業--紙・パルプ)
  • NDL 請求記号
    Z17-76
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ