省エネから見る工場エアの負荷流量計測手法と漏洩対策 The Measurement of Flow load and Detecting Leak for Utility Air in Plant, as for Saving Energy

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 泉頭 太郎 SENTO Taro
    • 株式会社山武AACマーケティング2部 Sec. 2, Marketing department, Advanced Automation Company, Yamatake Corporation

抄録

省エネ法の改正を受け,工場では省エネルギー対策徹底のために,エネルギー使用状況の記録やエネルギー使用の合理化計画の提出が義務づけられている。今や省エネルギー対策は企業において必須課題になってきたといえる。特に強い関心が寄せられているのが,エネルギーの中でも生成,搬送にエネルギーの消費が多い工場エアである。<BR>弊社では,長年にわたり工場エアの消費量管理のための流量計選定,エア漏洩対策やコンプレッサの台数制御など負荷低減対策などで実績と効果を上げてきた。<BR>本報では紙パルプ市場における工場エアの負荷低減対策の一例として,負荷流量計測と漏洩対策に焦点を絞り,具体的な対策および対策推進に必要となる工場エア管理用フローメータ「AIRcube」と漏洩個所を特定する超音波検知ツール「リークディテクタII」について紹介する。

This paper explains the importance of selecting an air flowmeter in flow load measurement and the system of detecting very little air leak, and introduces an air flowmeter, AIRcube and an air leak detector, Leak DetectorII, which is needed for reducing a load of utility air of a pulp and paper plant, from the above perspective.

収録刊行物

  • 紙パ技協誌

    紙パ技協誌 58(4), 516-519, 2004-04-01

    JAPAN TECHNICAL ASSOCIATION OF THE PULP AND PAPER INDUSTRY

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10012869362
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00379952
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    0022815X
  • NDL 記事登録ID
    6915027
  • NDL 雑誌分類
    ZP19(科学技術--化学・化学工業--紙・パルプ)
  • NDL 請求記号
    Z17-76
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ