接線付着力によるグローサシューの牽引力への影響について Effect of Tangential Adhesion on Traction of Grouser Shoe

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

シングルグローサシューと土との接触面に生ずる推進力は, 土とのせん断作用によって発生し, 単純な摩擦ではなく, 接線方向の付着力と摩擦が並存しているという観点から, 摩擦実験とモデルグローサシューによる推進力測定実験を行い, 接線付着力による牽引力への影響を調べた。その結果, 接線付着力は含水比によって変化し, 接線付着力の大きさによって区分される含水比領域をそれぞれ乾燥相, 付着相及び潤滑相と呼ぶ。また, 接線付着力の異なる供試土壌におけるグローサシューの牽引力の測定結果より, 牽引力は接線付着力の増加につれて増え, 接線付着力が牽引力の発生に寄与していることが明らかとなった。さらに, 3次元せん断破壊モデルを用いた牽引力の予測値が実測値とよく一致していることより予測モデルの妥当性が確認された。

The general objective of this study is to find the optimum dimension of grouser shoe of tracked vehicles for best tractive performance. Specifically it aimed to find out the effect of tangential adhesion generated on grouser tip surface that is in contact with soil on the traction of the grouser shoe. The traction of the grouser shoe was predicted at different soil moisture content using three-dimensional shearing model. Then, an experiment was conducted using 6 kinds of soil moisture content and the tangential adhesion generated in the interface between steel and soil and the traction of the grouser shoe were measured. Result showed that the tangential adhesion varies with the increase of soil moisture content and significantly affect the traction of grouser shoe. Moreover, the measured traction coincided perfectly with the predicted one demonstrating the appropriateness of the three-dimensional shearing model in predicting traction of grouser shoe.

収録刊行物

  • 農業機械學會誌

    農業機械學會誌 66(3), 45-50, 2004-05-01

    The Japanese Society of Agricultural Machinery and Food Engineers

参考文献:  7件中 1-7件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10012937257
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00200470
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    02852543
  • NDL 記事登録ID
    6948537
  • NDL 雑誌分類
    ZR7(科学技術--農林水産--農産)
  • NDL 請求記号
    Z18-387
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ