知的作業支援のための作業者の追跡および動き表現 Tracking Workers and Expressing Motion for Intelligent Support System in Agricultural Field

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

本研究では, 農家の子供のように作業者の行動に合わせて気の利く行動を考えることができる行動認識システムの開発を目指す。本稿では, 基本的な動作パターンを行う作業者に対して, フレーム間差分を用いて作業者の移動軌跡を求め, さらにオプティカルフローを用いて作業動作を速度ベクトルで表現することにより, 両手法の有効性を示した。照明変動が激しい屋外においてリアルタイムによる作業者の追跡を可能とし, 空間的に滑らかなオプティカルフローを求めるためには, 各種パラメータの調整を行うとともに, フレームレートの向上および計算コストの削減が課題となった。

The objective of this study is to develop an motion recognition system which can think an intelligent support autonomously by tracking worker's behavior in agricultural field. The effectiveness of the worker tracking method by interframe difference and that of the motion expressing method by optical flow were investigated on some kinds of typical worker's behavior in this paper. The tuning of some parameters of both methods, the upgrading of frame rate and the reduction of calculation cost were essential not only to track workers but also to calculate the optical flow in real time.

収録刊行物

  • 農業機械學會誌

    農業機械學會誌 66(3), 59-68, 2004-05-01

    The Japanese Society of Agricultural Machinery and Food Engineers

参考文献:  17件中 1-17件 を表示

被引用文献:  2件中 1-2件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10012937276
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00200470
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    02852543
  • NDL 記事登録ID
    6948571
  • NDL 雑誌分類
    ZR7(科学技術--農林水産--農産)
  • NDL 請求記号
    Z18-387
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ