バイオガスプラント消化液の栽培利用と環境負荷 Utilization in Cultivation and its Environmental Load of Digested Slurry from Biogas Plant

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

日本各地 (北海道を除く) で計画されているバイオガスプラントの多くは, 発酵残渣である消化液を固液分離したあとに浄化処理する方式である。しかし, この場合には浄化処理のコストが大きな負担となると指摘されている。そこで本研究では消化液の農業利用性について検討した。水田作物の肥料としての施用実験を行って, 米麦の生育・収量・品質とともに, 消化液を施用することにより発生するアンモニア等の環境負荷物質について測定し, 消化液の施用方法について考察した。その結果, 米麦の生育に対し消化液は化学肥料とほぼ同等の効果があることを確認し, 土中施用することでアンモニアの発生を抑えることができることを示した。

Biogas plant in Japan excluding Hokkaido is designed so that fermentation remains, called digested slurry, may not be used in cultivation as fertilizer and they are separated into solid and liquid, and after separation liquid remains are purified and solid remains are composted. But in this case the cost was too expensive. This paper describes that the utilization of digested slurry in a paddy field effected on the growth of paddy rice and wheat and its environmental load when they are applied to the fields as fertilizer. The results of the experiment show that the growth of paddy rice and wheat applied with digested slurry was less different from that with chemical fertilizer and the ammonia emission was suppressed by applying into soil.

収録刊行物

  • 農業機械學會誌

    農業機械學會誌 66(3), 77-83, 2004-05-01

    The Japanese Society of Agricultural Machinery and Food Engineers

参考文献:  7件中 1-7件 を表示

被引用文献:  8件中 1-8件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10012937303
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00200470
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    02852543
  • NDL 記事登録ID
    6948587
  • NDL 雑誌分類
    ZR7(科学技術--農林水産--農産)
  • NDL 請求記号
    Z18-387
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ