フレール式ロータベータによる湿地の整地に関する研究(第2報) : 衝撃剪断切削条件下でのルートマット状土壌の挙動 Basic Studies on Flail-type Rotary Cultivator for Swampy Land Preparation (Part 2) : Root-matted Soil Behavior under Impact Shear Cutting

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

ルートマット状土壌を一枚の刃板にて衝撃剪断切削した場合の挙動について調べた。根の代替として繊維を埋め込んだ土壌を用いたところ, 密度0.09本/mm<sup>2</sup>にて挙動をよく表していることが判明した。刃の作用速度, 土壌含水比, 繊維の構造, 繊維の密度を変えた場合の結果は次のようであった。繊維を埋め込んだ土壌の切削反力は繊維なしの場合よりも大きく, 約15m/sまで切削速度とともに増大した。刃の進行方向に繊維が傾いている場合には切削反力が増大した。作用力は繊維密度とともに増大したが, 含水比の増加とともに減少した。高含水比時の作用力は, 主として繊維密度に左右されることがわかった。

The behavior of root-matted soil under impact shear cutting with a single knife was investigated. Fibered soil was used as a substitute for natural root-matted soil. The cutting behavior of the natural root-matted soil was satisfactorily simulated by the fibered soil under cutting at a density of 9×10<sup>-2</sup> fibers/mm<sup>2</sup>. The results of experiments carried out at varying cutting speed, soil moisture content, fiber structure and fiber density are reported. The reaction force of fibered soil was greater than that of simple soil, and it increased with speed and saturated at a speed of about 15m/s. A slightly greater force was required when the fibers inclined away from the knife's cutting edge. The reaction force increased with fiber density and decreased with higher moisture content. The reaction force of the fibered soil with a high moisture content was significantly affected by the reinforcing effect of the fibers.

収録刊行物

  • 農業機械學會誌

    農業機械學會誌 66(3), 84-90, 2004-05-01

    The Japanese Society of Agricultural Machinery and Food Engineers

参考文献:  9件中 1-9件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10012937311
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00200470
  • 本文言語コード
    ENG
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    02852543
  • NDL 記事登録ID
    6948642
  • NDL 雑誌分類
    ZR7(科学技術--農林水産--農産)
  • NDL 請求記号
    Z18-387
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ