作型特性を考慮したサトウキビの収穫法の改善(第3報) : 収穫順序および収穫開始時期の最適化例 Improvement of sugar cane harvesting by taking into consideration the characteristics of cropping type (Part 3) : Optimization of harvesting sequence and starting date

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

作型の特性を考慮して収穫順序や収穫開始時期を最適化するために, 第2報で述べた遺伝的アルゴリズム (GA) を用いてシミュレーションを行った。経験的な考察より導いたモデルなどとの比較によってGA解は最適解と見なせ, その収束も早いので本問題の解析に有効であることを示した。最適解などの特性から, 成熟したサトウキビから順に収穫するのがよいこと, 収穫順序によっては大きな経済的損失が発生することを明らかにした。さらに, 収穫開始時期に対して適応度はピークをもつ曲線となり最適解が存在することを明らかにした。

Some simulations by Genetic Algorithm discussed in the previous paper were carried out in order to optimize the harvesting sequence and starting date of it taking into consideration the characteristics of cropping types. GA solution was regarded as the optimum one by comparison with models derived from empirical considerations and actual conditions of harvesting. GA was effective to solve these problems because of the rapid convergence of solution. The following results were clarified by the characteristics of the optimum solution. It is better to harvest in the order from a matured cane. Considerable economical loss occurs by inadequate harvesting sequence. Fitness value draws a curve with a peak against to the starting date, therefore there is an optimum solution.

収録刊行物

  • 農業機械學會誌

    農業機械學會誌 62(1), 73-82, 2000-01-01

    農業食料工学会

参考文献:  5件中 1-5件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10013000090
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00200470
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    02852543
  • NDL 記事登録ID
    4956079
  • NDL 雑誌分類
    ZR7(科学技術--農林水産--農産)
  • NDL 請求記号
    Z18-387
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ