黄色種タバコ用収穫機に関する研究(第4報) : 葉たばこ産地における実用試験 Compact Automatic Flue-Cured Tobacco Harvester (Part 4) : Utility tests in flue-cured tobacco farms

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 春園 輝夫 HARUZONO Teruo
    • 日本たばこ産業(株)鹿児島葉たばこ技術センター Japan Tabacco Incorporated. Kagoshima Leaf Tobacco Technology Center

抄録

試験機I型やII型および乾燥用機器の実用性について検討するため, 黄色種葉たばこ産地延べ75箇所に右いて, 1992年から1994年にわたり実用試験を実施した。実用試験での各試験機の収穫作業精度は, 年次や着葉位置で差はあったが, 収穫率の平均値は81.4~89.9%となり, 実用的な値と判断された。また, 損傷葉率の平均値は1.6~3.4%となり, 実用上許容される範囲であった。しかし, 未熟葉, 病害葉, 濡れ葉が収穫された場合や, 作柄の不斉一などの悪条件が重なると, 手収穫に比べ乾燥後の葉たばこの外観品質は低下する傾向にあった。機械収穫技術の習熟不足などから収穫作業の省力効果は42.1%に留まった。実用試験の作業能率調査結果を基に経済性について検討したところ, 慣行作業と機械収穫作業との損益分岐点は, 処理面積約3.6haとなった。<br>本報までの各試験結果により, 試験機II型と改善した乾燥用機器は収穫と乾燥作業用の実用機器として, 1995年より黄色種葉たばこ産地に導入が開始された。

The utility tests of the prototype automatic harvester and the curing tools were carried out at 75 farms in flue-cured tobacco producing districts in 1992, 1993 and 1994. Harvesting efficiency, rate of leaf damage and operating efficiency were almost the same among each stalk position. Based on labor consumption of conventional methods an economic evaluation of the machine was carried out. Discussing commercial area, the economical turning point between the mechamical harvesting and the conventional harvesting was more than 3.6ha.<br>The improved type harvester was first introduced to tobacco growers in 1995.

収録刊行物

  • 農業機械學會誌

    農業機械學會誌 62(1), 119-126, 2000-01-01

    農業食料工学会

参考文献:  3件中 1-3件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10013000139
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00200470
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    02852543
  • NDL 記事登録ID
    4956189
  • NDL 雑誌分類
    ZR7(科学技術--農林水産--農産)
  • NDL 請求記号
    Z18-387
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ