立毛脱穀に関する研究(第1報) : 水稲収穫性能 Studies on Harvesting of Standing Grain (Part 1) : Performance for paddy

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

穀物収穫作業のより一層の省エネルギ化, 低コスト化を図る新しい収穫システムを開発するため, 立毛脱穀の研究を行った。供試した立毛脱穀ヘッダは, 作業幅が2.5mで, 可動フード, くし状の突起をもったヘッダ部ロータ, コンベヤ, 取込みオーガからなり, 作物を可動フードで押し付けながら, 立毛状態のまま, くし状の突起で収穫し, コンベヤ, 取込みオーガで後方に搬送するものである。この立毛脱穀ヘッダを汎用コンバインに取り付け, 水稲に供試してヘッダの性能特性及び立毛脱穀コンバインの収穫性能を調査した。その結果, ヘッダ部ロータ周速度/作業速度比と収穫性能, 作物の倒伏状態と収穫性能の関係及び同ヘッダの省エネルギ効果等を明らかにした。

We studied on harvesting of standing grain in order to develop a new harvesting system for power saving and low cost in grain crops.<br>In this research, performance and charateristics of stripping header, which was one harvesting system of standing grain, were investigated in paddy.<br>A stripping header was 2.5m wide and composed of adjustable hood, stripping rotor with comb moves through the crop, stripping the grain from the plants and leaving the straw in the field. Stripped grain and chaff are moved back ward by conveyer and platform auger. At the results of the tests, relationship between rotor speed/working speed ratio or lodged crop harvesting and performance, and energy saving were clearfied.

収録刊行物

  • 農業機械學會誌

    農業機械學會誌 62(1), 127-136, 2000-01-01

    The Japanese Society of Agricultural Machinery and Food Engineers

参考文献:  21件中 1-21件 を表示

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10013000143
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00200470
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    02852543
  • NDL 記事登録ID
    4956199
  • NDL 雑誌分類
    ZR7(科学技術--農林水産--農産)
  • NDL 請求記号
    Z18-387
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ