立毛脱穀に関する研究(第2報) : 小麦収穫性能 Studies on Harvesting of Standing Grain (Part 2) : Performance for wheat

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

水稲への適応性を調査した立毛脱穀ヘッダを小麦に供試し, 立毛脱穀ヘッダ及び同ヘッダを装着した立毛脱穀コンバインの小麦収穫に対する適応性を調査した。一連の試験で, ヘッダ部のロータ周速度/作業速度比と収穫性能や倒伏状態と収穫性能の関係等を明らかにするとともに, 同ヘッダの省エネルギ効果により従来のリールヘッダを装着したコンバインよりも2~3倍の高速で作業が可能であることを確認した。<br>また, 立毛脱穀コンバインの問題点の一つである残稈の処理方法の検討も併せて行った。

Peformance and characteristics of stripping header for combine harvester were investigated in wheat.<br>At the results of the tests, the relationship between rotor speed/working speed ratio or lodged crop harvesting and performance, were clearfied.<br>From the results, the stripping header could be used for power saving in wheat harvesting, and a combine harvester with the stripping header could harvest at 2 to 3 times the speed of a combine harvester with reel header.<br>And the recutting system for combine harvester with stripping header were studied on.

収録刊行物

  • 農業機械學會誌

    農業機械學會誌 62(1), 137-145, 2000-01-01

    農業食料工学会

参考文献:  3件中 1-3件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10013000165
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00200470
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    02852543
  • NDL 記事登録ID
    4956208
  • NDL 雑誌分類
    ZR7(科学技術--農林水産--農産)
  • NDL 請求記号
    Z18-387
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ