生分解性フィルムを用いた早期水稲マルチ栽培の機械化に関する研究(第2報) : ナイロンコードを用いた生分解性フィルム用マルチ穴開け機構について Study on Mechanization of Mulching Cultivation using Biodegradable Film for Early Season Culture Rice (Part 2) : Development of Mulch Slit Cutting Mechanism for Biodegradable Film using Nylon Cord

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

水田へ敷設する生分解性フィルムヘマルチ穴を切開するために, ナイロンコードを用いたマルチ穴開け機構を開発した。本機構は, 回転式植付け機構を持つ田植機の植付アームに組付けられ, 切削部品として安全性の高いナイロンコードを用いること, 苗植付けの直前にナイロンコードの衝撃力でマルチ穴を切開することを特長としている。最適なマルチ穴長を求めるために, 植付け爪とナイロンコードの運動軌跡を求めた。その結果, 理論値および実験値から, マルチ穴長はナイロンコード長および取付け角度, 植付け深さと植付け間隔に影響されることが判った。植付け間隔120~160mm, 植付け深さ10~50mmの条件で理論値と実験値の差は最大でも5mm程度であり, 苗の植付けに必要かつ十分な長さのマルチ穴を切開することができた。よって, 本機構は水稲マルチ栽培用田植機のマルチ穴切開機構としての有用性を認めた。

A mulch slit cutting mechanism that uses nylon cord was developed to create mulch slit in the biodegradable film (referred to as BF) laid on the paddy field. This mechanism features the use of highly safe nylon cord of grass cutters as cutting material, which was adapted to the transplanting arm of rotary-type transplanter, and the cutting of mulch slits immediately before transplanting by the impact of nylon cord. The motions of nylon cord and transplanting finger were simulated to determine the most suitable slit length. As a result, the mulch slit length was influenced by planting depth and plant spacing as well as nylon cord length and its angular position. At 120-160mm plant spacings and 10-50mm planting depths, the differences of theoretical and experimental values were within 5mm, and enough mulch slit lengths necessary for transplanting seedlings were cut. Therefore, the study recognized the usefulness of this mechanism as mulch slit cutting mechanism of a transplanter for paddy field mulching cultivation system.

収録刊行物

  • 農業機械學會誌

    農業機械學會誌 62(2), 154-166, 2000-03-01

    農業食料工学会

参考文献:  7件中 1-7件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10013000372
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00200470
  • 本文言語コード
    ENG
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    02852543
  • NDL 記事登録ID
    5302008
  • NDL 雑誌分類
    ZR7(科学技術--農林水産--農産)
  • NDL 請求記号
    Z18-387
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ