スクリュ形脱穀機構の脱穀作用について(第3報) : 脱穀部トルクを低減させるこぎ胴の仕様 Reducing the required Power for the Screw Type Threshing Mechanism (Part 3) : Specifications of the Threshing Cylinder for Reducing the Torque

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

本報ではスクリュ形脱穀機構の所要動力低減を目的に, こぎ胴を軸方向に5つのブロックに分け, それぞれのブロック毎にこぎ歯の本数, スクリュ高さおよびピッチの仕様を変えたときの性能を, 現在使用されている標準仕様と比較することで予測した。この結果, 穀粒漏下率をあまり低下させずに, 標準仕様よりトルクが低くなる仕様が数種類選択された。これらの仕様は, こぎ胴の先頭部分でのこぎ歯本数を減らし, 先端部での負荷を軽減する構造であることで共通していた。この場合, スクリュ高さについては, こぎ胴の前部から後部にかけて順次高くすると, トルクはより低減する傾向を示した。また, 予測した仕様のこぎ胴をコンバインに搭載してほ場実験を行った。

5 divided areas of the threshing cylinder were made and the threshing torque and threshing performance where the cylinder had various specifications in every each area were predicted by comparison with the standard specification from the result of the indoor test. Several combinations of cylinder specifications were selected where the torque was less consumed within the allowable threshing loss. These specifications have a point in common where the threshing teeth are decreased in the front part of cylinder and the load in this part is made to reduce. And the threshing torque was to reduce more in case that the screw height gradually increased from top to end of the cylinder. The cylinders which had selected by calculation were tested in practical harvesting with the normal range of speed for the actual proof.

収録刊行物

  • 農業機械學會誌

    農業機械學會誌 62(3), 121-127, 2000-05-01

    The Japanese Society of Agricultural Machinery and Food Engineers

参考文献:  3件中 1-3件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10013000586
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00200470
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    02852543
  • NDL 記事登録ID
    5385060
  • NDL 雑誌分類
    ZR7(科学技術--農林水産--農産)
  • NDL 請求記号
    Z18-387
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ