近赤外分光法による穀物成分測定の精度(第4報) : そばの水分, タンパク質, 灰分について Accuracy of Near-Infrared Reflectance Spectroscopy in Determining Constituent Content of Grain (Part 4) : Moisture, Protein and Ash Content of Buckwheat

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

小麦, 米, 大豆に続き, 近赤外反射分光法により北海道, カナダ, 中国産のそばの主要成分である, 水分, タンパク質, 灰分の測定精度の検討を行った。その結果, これら3成分では実用上十分な精度のキャリブレーションが得られた。

Following by wheat, rice and soybean, the accuracy of calibrations when using near-infrared reflectance spectroscopy to determine the content of major constituents of buckwheat, such as moisture, protein and ash was investigated. Samples of buckwheat harvested in Hokkaido, Canada and China were used. Good results were obtained for moisture, protein and ash content.

収録刊行物

  • 農業機械學會誌

    農業機械學會誌 62(4), 154-159, 2000-07-01

    The Japanese Society of Agricultural Machinery and Food Engineers

参考文献:  9件中 1-9件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10013000809
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00200470
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    02852543
  • NDL 記事登録ID
    5403906
  • NDL 雑誌分類
    ZR7(科学技術--農林水産--農産)
  • NDL 請求記号
    Z18-387
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ