鳴声による肉用牛の個体識別および状態識別 Cow Identification and Recognition of Condition with Its Vocalization

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

本研究は, 動物の対外的な欲求表現のひとつである発声行動を利用し, 家畜の精密自動管理を行うことを目的としている。本報では, 雌の肉用牛7頭が空腹時と離乳時に発声した鳴声を用いて, 家畜管理を行う際に重要となる個体判別および状態判別を試みた。牛が発した鳴声は自己回帰過程で生成され, 線形予測係数を用いて鳴声の周波数特性が表現可能なものと仮定し, その線形予測係数を用いてマハラノビスの汎距離を判別基準として判別分析を行った。その結果, 個体判別の正答率は個体によって23.4%から77.8%と大きく異なったが, 判別正答率の平均値は59.8%であり, 状態判別における判別正答率の平均値は92.3%であった。

The objective of this research is automatization of livestock management using the animal voice which may be considered as the expression of animal demands. In this paper, vocalizations of seven cows were analyzed under hungry and weaning conditions to recognize individual cow and condition important in livestock management. It was assumed that the voice was produced by the auto-regressive process and the frequency characteristics of voice were expressed with the linear prediction coefficients. These coefficients were utilized in the discriminant analysis using the Mahalanobis' generalized distance. The rate of exact recognition ranged from 23.4% to 77.8% for recognition of individual, and the average rate was 59.8%. The average rate of exact recognition was 92.4% for recognition of condition.

収録刊行物

  • 農業機械學會誌

    農業機械學會誌 62(5), 50-58, 2000-09-01

    農業食料工学会

参考文献:  32件中 1-32件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10013000859
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00200470
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    02852543
  • NDL 記事登録ID
    5464721
  • NDL 雑誌分類
    ZR7(科学技術--農林水産--農産)
  • NDL 請求記号
    Z18-387
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ