メタン発酵システムによる生ごみスラリーのバイオガス変換(第2報) : ガス化プロセス Biogasification of Garbage Slurry by Methane Fermentation System (Part 2) : Characteristics of Gasification Process

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

生ごみスラリーを原料とする汚泥返送式酸生成プロセスからの流出液を用いたメタン変換システムの第二分解過程 (相II) であるガス化プロセスの特性を動力学的に明らかにした。4基の完全混合リアクタの各滞留時間 (HRT=8, 10, 12, 14日) において, ガス化プロセスのpH, 有機酸消費及びバイオガス生成速度, メタン濃度, メタン収率等特性値を測定した結果, ガス化プロセスとして正常に機能したこと及び高温発酵と同等のバイオガス生産能力を持ち得ることがわかった。また菌体増殖・メタン生成特性のシミュレーシュンの結果より, 菌体を流出させる臨界HRT<sub>cri.</sub>=5.4日, 菌体濃度を最大とするHRT<sub>Xmax</sub>=8.3日, メタン生成速度を最大とするHRT<sub>Mmax</sub>=6.7日が求められた。以上の結果に基づいて, 1日1人あたり250gの生ごみから13.2Lのメタン生成量が求められた。

Characteristics of the 2nd phase of a methane fermentation system or gasification process were evaluated experimentally. The substrate for the 2nd phase was supernatant from the effluent of the 1st or acidogenic phase of an anaerobic process treating garbage slurry. The mesophilic bench scale apparatus consisting of four CSTR's performed as well as a thermophilic gasification process in regard to steady state data on pH, substrate consumption, biogas production rates and methane yield. Kinetic simulations on the microbe growth and methane production determined critical HRT was 5.4 days, HRT to facilitate maximum microbe density was 8.3 days, and HRT for the maximum methane production rate was 6.7 days, respectively. Based on these HRT's, the total vessel volume needed to handle the garbage produced by one person would be 82.5L and the methane produced per person would be 13.2L/d.

収録刊行物

  • 農業機械學會誌

    農業機械學會誌 62(6), 116-124, 2000-11-01

    The Japanese Society of Agricultural Machinery and Food Engineers

参考文献:  21件中 1-21件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10013001106
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00200470
  • 本文言語コード
    ENG
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    02852543
  • NDL 記事登録ID
    5541433
  • NDL 雑誌分類
    ZR7(科学技術--農林水産--農産)
  • NDL 請求記号
    Z18-387
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ