低温貯蔵中のヨウサイに発生する褐変現象と酸化還元バランスとの関係 Relationship between Browning and Redox System of Water Convolvulus (Ipomoea aquatica FORSK.) Stored at Low Temperature

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

(1) ヨウサイにおいて, 低温下で障害発生前にTBA値がいったん増加し減少したのは, 生体膜脂質が酸化されることによるものと推測された。一方, 生体内の酸化反応の結果生成される過酸化水素も同様の傾向を示した。<BR>(2) NAD<SUP>+</SUP>/NADH比は貯蔵中を通じて20℃区よりも1℃区で高かった。NADP+/NADPH比は両区とも減少した。ECは20℃区で貯蔵中0.8付近を示し, エネルギー的に高い状態であったが1℃区では障害発生前に減少した。<BR>(3) ペルオキシダーゼ活性は1℃区で20℃区より低い値を示したが, AsAペルオキシダーゼおよびカタラーゼ活性は1℃区で障害発生前に増加したもののその後減少した。一方, PPO活性は20℃区より1℃区で高い活性を示した。

The TBA value, an index to the degree of lipid peroxidation, and hydrogen peroxide contents of water convolvulus increased prior to the onset of chilling injury and decreased when severe symptoms appeared. The NAD<SUP>+</SUP>/NADH ratio was higher at VC than at 20°C during storage. The NADP+/NADPH ratio decreased in both storage conditions. Energy charge at 20°C storage was kept at high level state, but it decreased simultaneously with the appearance of chilling injury at 1°C. Polyphenoloxidase (PPO), ascorbate (AsA) peroxidase and catalase activities also increased before the onset of chilling injury. The results of the present study suggest that under low NAD<SUP>+</SUP>/NADH ratio, lipid peroxide, hydrogen peroxide relate to the development of chilling injury in water convolvulus.

収録刊行物

  • 日本食品保蔵科学会誌 = Food preservation science

    日本食品保蔵科学会誌 = Food preservation science 26(4), 193-197, 2000-08-31

    日本食品保蔵科学会

参考文献:  23件中 1-23件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10013005415
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11178236
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    13441213
  • NDL 記事登録ID
    5469540
  • NDL 雑誌分類
    ZR6(科学技術--農林水産) // ZP34(科学技術--食品工学・工業)
  • NDL 請求記号
    Z18-1101
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  IR  J-STAGE 
ページトップへ