溶存酵素を用いた地下水検層 The Gronud Water logging by the Solubility of Oxygen in Borehole

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

溶存酸素は, 水中に遊離のガスとして溶解しているものであり, 水質調査では汚濁の指標として頻繁に取り上げられる項目の一つである。この値は, 岩石の風化に伴う消費, また, 有機物の分解などによって減少する。したがって, 地下深部あるいは, 長期に滞水している地下水ほど溶存酸素が減少しているものと思われる。一方, 溶存酸素は希釈が容易であり, 水中に溶け込むと上下動が少ないこと, などの利点がある。そこで, これをトレーサーとして, 地下水流動層を探る方法を地すべり地と地下水流動模型において行った。

Oxygen is dissolved in the water as a free gas and is frequently treated as an index of contamination during water quality studies. This value is affected by the weathering of rock and is reduced by the decomposition of organic material. It is, therefore, assumed that the deeper the groundwater and the longer it has been in the aquifer, the lower its dissolved oxygen content. Other good points about dissolved oxygen are that it is easily diluted and once dissolved in water its vertical motion is small. For these reasons, a method of exploring groundwater flow strata using it as a tracer was carried out in a landslide area and a groundwater flow stera model.

収録刊行物

  • 地すべり

    地すべり 36(4), 40-47, 1999-03-15

    公益社団法人 日本地すべり学会

参考文献:  8件中 1-8件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10013006309
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00332562
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    02852926
  • NDL 記事登録ID
    6353972
  • NDL 雑誌分類
    ZM49(科学技術--地球科学--地質)
  • NDL 請求記号
    Z15-405
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ