地すべり防止杭の応力分布, 挙動および地盤反力について Stress Distribution, Behavior and Subgrade Reaction of Landslide Prevention Piles

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

昔から激しい地すべりが反復し, 移動を防止することは不可能と言われてきた八幡地すべり地に20段, 913本の鋼管杭の抑止杭工法を8年かけて施工して移動を停止させることができた。これらの鋼管杭の21本に歪計, 3本に土圧計を取り付け, 激しい移動状態から停止するまでの過程における杭の応力挙動を計測した結果を解析した。考察にあたっては他の地すべり地28本の歪杭と19本の引抜破壊調査とも照合して検討した。

Some design theories on the landsilide prevention piles have been proposed in accordance with the reseach and development of the installation technique. Measuring, monitoring and the analysing the in-situ pile behavior which is very important for establishing the design theory, however, have been hardly done so far.<BR>In this paper, the stress and strain which were measured in the section of piles driven into the active landslide slope are analyzed, and the stress distribution, behavior and subgrade reaction of the piles are disussed.

収録刊行物

  • 地すべり

    地すべり 37(1), 25-34, 2000-06-15

    公益社団法人 日本地すべり学会

参考文献:  23件中 1-23件 を表示

被引用文献:  2件中 1-2件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10013010622
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00332562
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    02852926
  • NDL 記事登録ID
    6353990
  • NDL 雑誌分類
    ZM49(科学技術--地球科学--地質)
  • NDL 請求記号
    Z15-405
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ