東頸城山地付近の地すべりの特徴 : 地すべり多発地帯の地質と土質 The feature of Landslide in the Mountainous District of Higashikubiki

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

新潟県東頸城山地は全国でも有数の地すべり多発地帯である。その素因としては, 新第三系の椎谷・寺泊層の泥質岩の分布と褶曲構造があげられている。褶曲構造別に詳細をみると, 背斜軸付近で地すべりが多発する傾向がある。また, 灰爪層基底の隆起・沈降量と地すべり発生との関係を検討すると隆起量の大きいところほど発生率ならびに発生頻度が高い。

The mountainous district of Higashikubiki is underlain by Neogene marine sedimentary muddy stones, which have substantially reduced strength as a result of folding and severe weathering. In general the clastic formations have been altered to soft clay-rich soils.<BR>Therfore landslides have frequently occurred all around in this district, and are distributed most abundantly, in Japan.<BR>In this paper the author will reported about the relationship between landslide occurrence, geology and, soil composition.

収録刊行物

  • 地すべり

    地すべり 37(1), 44-50, 2000-06-15

    公益社団法人 日本地すべり学会

参考文献:  4件中 1-4件 を表示

被引用文献:  2件中 1-2件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10013010664
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00332562
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    02852926
  • NDL 記事登録ID
    6354009
  • NDL 雑誌分類
    ZM49(科学技術--地球科学--地質)
  • NDL 請求記号
    Z15-405
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ