排水ボーリングの削孔事例からみた地質状況と削孔精度に関する考察 Consideration on the Geological Condition and the Precision of the Drainage Boring

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

地すべり対策工事の一つである排水ボーリング工は, 地形条件, 流末施設, 用地の制約などの理由により排出目標位置が制限されるため, 高い削孔精度が要求される。<BR>我社で過去3年間に施工した排水ボーリング工の事例を解析した結果, 排水ボーリング工の削孔精度は, 削孔長と地質状況に深く関連し, たとえば, 土質区分上で岩塊・玉石混じり土を削孔対象とした場合は, 60m程度以内が限界であると考えられる。

Drainage boring is one of the landslide control works, and it is a technical method to perform transverse boring from the bottom of water catchment well and to drain the groundwater, which was collected by water catchment boring. In the drainage boring, drainage target position is limited due to topographical condition, water-Plumbing, restriction in available land space, etc., and high boring accuracy is required.<BR>After analyzing the case of drainage boring carried out in the past three years in our company, it was found that accuracy in drainage boring is closely related to the boring length and geologic conditions. For example, when soils with cobble are to be bored, it appears that the limitation is within about 60m.

収録刊行物

  • 地すべり

    地すべり 37(3), 57-62, 2000-12-15

    公益社団法人 日本地すべり学会

参考文献:  1件中 1-1件 を表示

  • ボーリング技術

    村越英雄

    地すべり防止技術研修テキスト "VII-1"-"VII-34", 1979

    被引用文献1件

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10013010907
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00332562
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    02852926
  • NDL 記事登録ID
    6354036
  • NDL 雑誌分類
    ZM49(科学技術--地球科学--地質)
  • NDL 請求記号
    Z15-405
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ