The Relationship between the Yasukuni Slide and a Hydrothermal Interstratified Illite/Smectite Minerals Zone

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

安国地すべりの基岩は新第三系上部中新統生田原層凝灰質砕屑岩類や酸性火砕岩類であり, そこには, 後期中新世 (8.1~7.7Ma) の隆尾熱水活動に伴う熱水変質作用によって形成された, イライト/スメクタイト混合層鉱物帯が発達している。その地すべり移動体中の地すべり粘土や岩屑はイライト/スメクタイト混合層鉱物を主成分としている。この地すべりは, 現在, 滑落崖が不明瞭であることや, 移動体が礫混じり粘土やシルトからなることなどから, 粘質土地すべりと考えられるが, 初生的にも比較的広く分布するカリ長石帯に囲まれた粘土化帯 (イライト/スメクタイト混合層鉱物帯) 中で起こったと推定される。したがって, この再活動型地すべりや初生地すべりは, 多量の膨張性粘土鉱物 (イライト/スメクタイト混合層鉱物) を含む, 熱水性イライト/スメクタイト混合層鉱物帯の不安定な性質に強く関連して起こった, 熱水変質帯地すべりであったと考えられる。このことは, 古地熱地帯や活地熱地帯における熱水変質帯地すべりの危険度評価やハザードマップ作成の際に大いに役立つと思われる

The geology of the Yasukuni landslide area consists mainly of tuffaceous clastic rocks and acidic volcaniclastic rocks of the Upper Miocene Ikutawara Formation, in which an interstratified illite/smectite minerals zone exists, formed by hydrothermal alteration related to the 8.1-7.7 Ma Ryuo hydrothermal system. The slide clays and debris contain large amounts of interstratified illite/smectite minerals. The occurrence of the Yasukuni slide is strongly related to the unstable nature of the interstratified illite/smectite minerals zone, the bulk of which is swelling clay mineral. This fact is useful in evaluating landslide risk and creating a hazard map of such slides in ancient and active hydrothermal fields.

収録刊行物

  • 地すべり

    地すべり 37(4), 1-9, 2001-03-15

    公益社団法人 日本地すべり学会

参考文献:  40件中 1-40件 を表示

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10013010910
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00332562
  • 本文言語コード
    ENG
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    02852926
  • NDL 記事登録ID
    6354125
  • NDL 雑誌分類
    ZM49(科学技術--地球科学--地質)
  • NDL 請求記号
    Z15-405
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ