混合型すべりモデルによる地すべり斜面の安定解析 Slope Stability Analysis Using Finite Element Mode for Mixed Type of Failure in Landslides

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

ひずみ軟化材料における進行性破壊と残留強度層における再活動すべりの両者に着目した混合型すべりモデルを示した。せん断帯の発生を考慮したひずみ軟化弾塑性モデルを用いて初生的な進行性破壊を解析している。長大斜面に適合した簡易な境界条件を用いて浸透流解析を実施して浸透力を評価した。不攪乱試料の土質試験結果に基づき, 実際の地すべり斜面の崩壊解析を行っている。

A finite element model for the mixed type of failure in landslides is presented with special reference to: (1) the progressive failure in strain softening materials and (2) the renewed movement with residual strength along the base layer. Strain softening elasto-plastic model in which the effect of shear band formation can be taken into cosideration is incorporated for first-time slides. Seepage analysis is performed using boundary condition simple and suitable for a long slope in order to evaluate the seepage force. Solution of collapse analysis of actual landslides based on the experiment result of undisturbed soil samples is presented.

収録刊行物

  • 地すべり

    地すべり 38(3), 187-194, 2001-12-25

    公益社団法人 日本地すべり学会

参考文献:  24件中 1-24件 を表示

被引用文献:  2件中 1-2件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10013011413
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00332562
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    02852926
  • NDL 記事登録ID
    6354108
  • NDL 雑誌分類
    ZM49(科学技術--地球科学--地質)
  • NDL 請求記号
    Z15-405
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ