若年会員の加入促進を目指して : 総合企画専門委員会答申書 Asking Younger Scientists and Engineers to Join JAPAN TAPPI

この論文にアクセスする

この論文をさがす

抄録

当協会の会員, 特に個人会員の数は平成12年1月末の段階で3,776名で僅かながら減少傾向にある。個人会員の年齢構成も40代以上が主体となっており, これから業界を背負っていく若年層の加入促進を積極的に図っていかないと, 近い将来, 協会の規模の縮小が懸念される。<BR>一方, 紙パルプ業界が, 今後の多様な社会的なニーズに対応していくに当たって, 製造・技術, 研究・開発分野でより広範囲な問題への取組が必要になることも予測されるが, その際, 業界として共有されるべき技術情報が, 技術協会という場を通して提供・交換されていくことは欠かすことはできない。今回, こうした協会の現実と使命を踏まえた上で, 中長期的な課題の実現を図る道筋を明確にするために, 31才以下の若年層を対象に, 紙パルプ技術協会の存在をアピールすることも加味してアンケート調査を行った。その結果, こうした場に参画が期待できる若年層が業界全体で1,200名以上いることが判明した。現状では残念ながら協会への加入意欲は低いが, 若年層の間に存在する要望事項が明らかになったので, これに応えるための今後の具体的な行動についていくつかの指針を得ることができた。

JAPAN TAPPI has about 3800 individual members. As its number is declining gradually and members over age forty take a major part of its membership, the association is afraid of losing its members and, as a result, its technical presence.<BR>The Japanese pulp and paper industry has been historically satisfying various needs in society with technical developments. Coming global changes in sight will ask more support from technology, and technical information exchange and cooperation organized by JAPAN TAPPI will be more important than ever.<BR>In order to keep its activity and help technical development, the association is working in many ways to increase its membership in younger scientists and engineers in the industry. As one of them, it sent a questionnaire to those under age 30. It is found that there are more than 1200 scientists and engineers, only one third of which are the members. They are not much informed about the association and its significance. With these results, it will focus on the problems with a new strategy.

収録刊行物

  • 紙パ技協誌

    紙パ技協誌 54(4), 523-528, 2000-04-01

    JAPAN TECHNICAL ASSOCIATION OF THE PULP AND PAPER INDUSTRY

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10013019697
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00379952
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    0022815X
  • NDL 記事登録ID
    5330364
  • NDL 雑誌分類
    ZP19(科学技術--化学・化学工業--紙・パルプ)
  • NDL 請求記号
    Z17-76
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ