オフ輪ジワに影響をおよぼす要因について Factors of the Flution of Coated Paper in Web-Offset Printing

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

オフ輪ジワは, 本来平坦であるべき画線部が, 横方向圧縮力を受けて座屈を起した現象と考えられ, その時に発生するオフ輪ジワの波数 (N) は, 下記式に示されるように, ・横方向圧縮力 (P)・画線部の長さ (b)・画線部のガーレ剛度 (S) の3つの要因により決定され, 横方向圧縮力が増えると, その平方根に比例してオフ輪ジワは増大する。また, 画線部の長さが長くなるか, 画線部のガーレ剛度が大きくなると, その平方根に反比例してオフ輪ジワは減少する。<BR>N=Kw√P/bS (オフ輪ジワ式)<BR>N: しわの数 (なおN≧1とする) W: 画線部の幅P: 横方向圧縮力<BR>b: 画線部の長さ S: 画線部のCD方向のガーレ剛度K: 定数 (K=0.333)<BR>この時, 画線部に作用する横方向圧縮力には, 印刷時のテンションにより発生する力と, 画線部と非画線部の乾燥収縮の差により発生する力とがある。<BR>ブリスタテスターを用いたテーブルでのオフ輪ジワ発生テストにおいて, 米坪, および原紙配向性の異なるサンプルを用いて, 乾燥前のしわの数 (テンションじわ) と乾燥後のしわの数 (乾燥収縮差により発生したしわ) より, 上記式から横方向圧縮力を算出し比較した。その結果, 乾燥により発生した圧縮力は, 乾燥前のものの2~4倍の値を示し, サンプルの種類の差による変動幅も大きい。即ち, オフ輪ジワを発生させる横方向圧縮力は, 乾燥収縮力に依存すると考える。<BR>また, 画線部長さを変更した場合の, 実際に発生したオフ輪ジワ数と, 上式を用いて算出した理論的オフ輪ジワ数を比較したところ, 2つの値は良く一致した。しかし, 画線部長さを非常に短くした場合は, 今回は考慮していない境界部の座屈の影響が大きくなり, 理論値と実験値の差が大きくなる。

The factors affecting on the fluting of the coated paper in the web-offset printing are discussed.<BR>In the early part of the drying process of the web-offset printing, moisture contained in the coated paper evaporates rapidly from a non-imaged area, resulting a large shrinkage in the cross direction of the coated paper in the non-imaged area. On the contrary, moisture of the coated paper lying under an imaged area evaporates slowly because a printed ink layer on the coated paper acts as heat transfer and moisture evaporation barrier, resulting a small shrinkage in the cross direction of the coated paper in the imaged area. As a result, the non-imaged area of the coated paper compresses the adjoining imaged area in the cross direction during the drying process leading to the buckling of the imaged area. It is the flutes of the coated paper in the web-offset printing.<BR>In this case, number of the flutes in the imaged area is defined by three parameters: Pc is the compressive force that acts to the imaged area, S is Gurley stiffness of the coated paper in the cross direction and b is size of the imaged area, as shown in formula (1). If these parameters of the coated paper which some flutings are shown on is fluctuated, the change of number of the fluting is predicted.

収録刊行物

  • 紙パ技協誌

    紙パ技協誌 54(5), 693-699, 2000-05-01

    紙パルプ技術協会

参考文献:  5件中 1-5件 を表示

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10013019808
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00379952
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    0022815X
  • NDL 記事登録ID
    5366312
  • NDL 雑誌分類
    ZP19(科学技術--化学・化学工業--紙・パルプ)
  • NDL 請求記号
    Z17-76
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ