クヴァナパルピングのファイバーラインの今日 Kvaerner Pulping Fiberline of Today

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

ここ最近の傾向として, 新設のクラフトパルプ製造設備の数は, 一部東南アジア並びに南米の地域では増加が見られたものの世界的規模では明らかに減少傾向にある。一方その製造技術に関しては, この間にいくつかの目立った変化が見られた。特に蒸解技術に関する開発にはこの20年間に目覚しい進歩があった。今日ではパルプ品質並びに漂白性の向上をもたらす新蒸解システムが可能になっている。また漂白技術に関しても環境面への対応から漂白薬品消費量の低減並びに排出負荷の低減を目指して中濃度酸素脱リグニン技術の普及, 更にはその2段化への拡張, またTCFあるいはECF漂白への転換も進み, 現在では更にソフトECF漂白システムが推奨され導入されてきている。<BR>さて現状を見てみると, クヴァナパルピングではこれらの新技術へのニーズに対応すべく開発を継続する中で, 特に蒸解技術については「Compact Cooking <SUP>TM</SUP>」「Compact Cooking Xylan<SUP>TM</SUP>」「Compact Cooking Con-Current<SUP>TM</SUP>」及び「Kobudo Mari<SUP>TM</SUP>」と称す一連の新システムを開発し, 現在推進している。また, 中濃度酸素脱リグニンシステムについてもその選択性の最適化と併せて設備費の低減をも計った「DUALOX<SUP>TM</SUP>」と称す新システムを開発し既に実機運転に入っている。漂白技術についても「Prepox<SUP>TM</SUP>」と称す加圧過水段, また中濃度オゾン段, 更には拡張型中濃度オゾン段を開発しそれらと組みあわせたシステムを提供している。今後を展望すると新設ラインの建設数は明らかに減少するであろうが, 設備の能力面では一層の大型化が進み一系列による最大処理能力は日産2,800~3,000ADT程度にまでなるものと予想される。またその他の要求として, 蒸解の歩留まりを向上させる技術, また既存設備の能力増大のみならず, 効率化, 品質向上をめざした部分更新を可能にする技術, また装置面では特に洗浄においてはより簡便で操作性のよいウオッシュプレスへの要望, 等々が出てくると考えている。クヴァナパルピングとしては当然これらニーズを視野に入れた開発を進めていくことになろう。

Development in cooking has been very rapid during the two latest decades. New cooking methods giving improved pulp quality and better bleachability are today available. Kvaerner Pulping has now further developed the continuous cooking process and we are now marketing a new system called Compact Cooking<SUP>TM</SUP>. Mill results from Compact Cooking<SUP>TM</SUP> will be discussed. Kvaerner Pulping has also developed a new oxygen delignification system called DUALOX<SUP>TM</SUP>. Mill results from the first installation will be given.<BR>Total Chlorinefree Bleaching (TCF) was a very hot issue especially in Scandinavia and Germanspeaking countries 6-7 year ago. The most exciting enthusiasm for TCF bleaching is today slowly changed to a more realistic and correct view on bleaching and its environmental impact. ECF bleaching sequences with low content of chlorine dioxide so called soft ECF are today recommended and installed in many mills. Results from such installations are discussed.<BR>Total Effluentfree Bleaching (TEF) is still under development. There are today several mills which have tried different solutions for closing the bleach plant completely. So far nobody has succeeded completely. In the following the new modern Kvaerner Pulping fiberline will be described. The presentation will mainly focus on new Kvaerner Pulping developments.

収録刊行物

  • 紙パ技協誌

    紙パ技協誌 54(7), 912-932, 2000-07-01

    JAPAN TECHNICAL ASSOCIATION OF THE PULP AND PAPER INDUSTRY

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10013019925
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00379952
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    0022815X
  • NDL 記事登録ID
    5385773
  • NDL 雑誌分類
    ZP19(科学技術--化学・化学工業--紙・パルプ)
  • NDL 請求記号
    Z17-76
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ