次世代の板紙抄紙機 : 低コスト, 高生産, 高品質を目指して The Board Machine Beyond 2000 : To Aim at Lower Cost, Higher Productivity and Better Paper Qualit

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

従来の設計のままでは, 生産性の高い板紙抄紙機を製造するには限界がきている。その限界とは, 例えば次のようなことである。<BR>多層フォードリニアフォーミングは最新の技術であるが, より高速抄紙を求める場合, 脱水長さがかなり増加するだろうし, 巨大なワイヤセクションが必要となることが容易に想像できる。プレスバートでは, いくつかのロールプレスが続く時, 嵩が少なくなる問題がある。ドライヤバートでは, ダブルティア乾燥部は両面の平滑性が改善されるが, MD方向には拘束のない乾燥のため, MD方向の引張強度がシートの端で低下するような収縮効果をもたらすという欠点を持っている。<BR>IHI-VSPTでは・上記のような限界に打ち勝つために, 高生産量, 高効率さらに, 高品質の紙を抄くための最新, 最適な抄紙機を開発し続けている。<BR>ここでは, 今後の板紙抄紙機はすでに証明された機器の組合せで構成できることをしめしており, その高生産性板紙抄紙機の仕様をまとめると, 坪量160~400g/m<SUP>2</SUP>, ワイヤ幅最大10.5m, 抄速600~1,000m/min, 生産量最大3,000t/日となる。

Board machine for high capacity production are today limited by design. These well known limits are, e. g the following.<BR>Multi-fourdrinier forming technology is state of art, however limits can be seen at higher speeds. Combination of several straight through roll presses brings about the drawback of the loss of bulk. Double-tier drying sections have the disadvantage of non restraint drying which leads to shrinkage effects such as roughness increase or MD tensile decrease at the web edges.<BR>IHI-Voith Sulzer Paper Technology is constantly developing new and adapted machine concepts in respect to high output, high efficiency and high quality in order to overcome the above-mentioned limits.<BR>This paper shows possible solutions in a combination of proven machinery elements which leads to a IHI-Voith Sulzer Paper Technology vision for future production plant with basis weight 160-400g/m<SUP>2</SUP>, wire width≤10.5 m, operating speed 600-1, 000m/min and max. production≤3000 t/d.

収録刊行物

  • 紙パ技協誌

    紙パ技協誌 54(7), 949-952, 2000-07-01

    紙パルプ技術協会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10013019932
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00379952
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    0022815X
  • NDL 記事登録ID
    5385794
  • NDL 雑誌分類
    ZP19(科学技術--化学・化学工業--紙・パルプ)
  • NDL 請求記号
    Z17-76
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ