紙カット・スリット品質自動測定器 : スペックエッジ2000MJ A Cut Paper Quality Measuring System : Spec^* Edge 2000 MJ

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

複写機とプリンタにおける紙詰まりの防止は, カットシートの品質管理に最も重要なポイントとなる。シートにわずか1インチの1/1,000レベルの傷が一つあるだけで, 高速複写機では紙詰まりが頻発する事になる。またシートにほつれた繊維がわずかにあるだけで, リームの縁がざらついて見えるだけではなく, 複写機の給紙経路に埃が多量に付着し, 最終的に給紙トラブルが発生することになる。<BR>従来のシートのカット品質の格付けは, カットシートの品質管理担当者がマイクロフィッシュ・リーダーを改造したものを用いてきた。この方法が採用されるようになってからもう何年もが経過しており, それなりの成果は得られているのだが, 信頼性と格付けの判定が担当者によって異なるため, しばしば論議の的となることがあった。さらにまたこの方法では, シートの直角度, 穴の位置, コーナー品質, カット面のわずかな湾曲などの測定はできない。<BR>そこで, 当社はアメリカ, アポギーシステムズ社と技術提携をし, カットシートのエッジを自動的に測定する方法と機器の開発に成功した。このシステムは, 11×17インチのテーブルトップスキャナ, プログラマブル・コントローラ, 及び専用画像解析ソフトウェア (Spec*Edge) を用いて, 品質に関連する様々な測定を行うことができる。本稿はこのシステムについて, その特長と測定結果, ならびに人手による視覚的評価との比較を工学的に説明するものである。

Preventing paper jams in copiers and printer is a critical factor in the quality of cut-sheet papers. A nick of only a few thousandth of an inch on each sheet can create dramatic jams in a high-speed copier. A few hanging fibers on each sheet not only makes the edge of the ream look rough, but can contribute excessive dust to the feed path of the copier, eventually creating feed problems.<BR>Traditionally, cut-sheet QC personnel have graded the cut quality of sheets using a modified microfiche reader. This method has been used successfully throughout the paper for several years; however, it is dependent on the personnel for repeatability and the interpretations are often the source of considerable debate. Additionally, this technique does not measure the squareness of the sheet, locations of holes, corner quality, or slight curvatures in the sheet sides.<BR>We, Maruishi have continued to form technological partnerships with Apogee Systems in U.S.A. We succeed in developing an automated method andinstrument for measuring the edges of GP's cutsheet papers. Using an 11×17-inch tabletop scanner, a PC. and specialized image analysis software (Spec* Edge), the system provides a variety of quality-related measurements.<BR>This presentation describes the features, the measurements generated, and an engineering comparison to human visual evaluations.

収録刊行物

  • 紙パ技協誌

    紙パ技協誌 54(9), 1229-1234, 2000-09-01

    紙パルプ技術協会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10013020156
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00379952
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    0022815X
  • NDL 記事登録ID
    5460295
  • NDL 雑誌分類
    ZP19(科学技術--化学・化学工業--紙・パルプ)
  • NDL 請求記号
    Z17-76
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ