中国の省エネルギー園芸施設「日光温室」について Energy-saving Sun-light Greenhouse in China

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

中国の在来型省エネルギー温室である日光温室は, 益々発展しつつある中国施設園芸における中核的施設になっている。日光温室は, 透光面は南面のみで, 北・東・西壁は特殊な蓄熱・保温構造を持ち, 最低気温が-20℃の中国北方地域の冬季においても, 無加温で野菜が栽培可能な園芸施設である。本稿では, 主として日光温室の構造, 環境特性, 発展状況及び今後の研究方向について述べた。

The energy-saving sun-light greenhouse is the most successful and unique facility in protected horticulture in China. This type greenhouse is very different from normal pipehouse or glasshouse in the structures, in which there are three-side non-transparent walls. The energy resource of the greenhouse comes mainly from the solar radiation that is the reason why they were named as sunlight greenhouse. Because the wall's powerful thermal reservation, very fruit vegetables such as cucumbers, tomatoes can be planted in the sun-light greenhouses without heating or only with little heating in the winter in north China. In this paper the development, basic structures and environmental characteristics of the sunlight greenhouse are introduced.

収録刊行物

  • 農業施設

    農業施設 31(2), 113-118, 2000-09-25

    農業施設学会

参考文献:  5件中 1-5件 を表示

被引用文献:  2件中 1-2件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10013025334
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00201054
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    03888517
  • NDL 記事登録ID
    5531183
  • NDL 雑誌分類
    ZR7(科学技術--農林水産--農産)
  • NDL 請求記号
    Z18-1016
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ