小児特発性ネフローゼ症侯群における末梢血単核球核内グルココルチコイドレセプターの検討 Evalutaion of intra-nuclear glucocortidoid receptor of peripheral blood mononuclear cells in children with idiopathic nenphrotic syndrome

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

 微小変化型ネフローゼ症候群 (MCNS) の成因として末梢血リンパ球を中心とした免疫調節異常が推測されている。MCNSの約97%はステロイドが著効するが3%程はステロイド抵抗性を示す。ステロイド剤は標的細胞内のグルココルチコイドレセプター (GCR) を介して免疫調節などの作用を発現する。そこで我々は小児特発性ネフローゼ症候群 (INS) の発症および抵抗性に対するGCRの関与について,末梢血単核球の核内に移行したGCRをゲル移動度シフト法 (EMSA) により半定量的に測定する事により評価した。小児INS患者8例と対照群4例との比較ではGCRバンドの発現の明らかな差異は認めず,INSの発症にGCRが直接関与している可能性は少ないと考えられた。しかしMCNS患者のステロイド投与前後での比較では,投与後にGCRバンドの発現増強を認め,GCRが蛋白尿陰性化に関与している可能性が考えられた。

  It is suggested that minimal change nephrotic syndrome (MCNS) is an immunomodulatory disorder, primarily involving peripheral blood lymphocytes. Most MCNS patients respond excellently to steroid therapy, while some patients show steroid resistance. The steroids act on target cells through the glucocorticoid receptor (GCR), exerting its biological effects, such as immunomodulation. Thus, we evaluated intra-nuclear GCR of peripheral blood mononuclear cells by electrophoretic mobility shift assay in children with idiopathic nephrotic syndrome (INS) to study if GCR may play a role in the pathogenesis of INS or steroid resistance. There was no marked difference in the intensity of GCR bands between INS patients and control group. On the other hand, increased intensity of GCR bands was observed after steroid therapy in INS patients. The increased intra-nuclear GCR after steroid therapy may play a role in the remission of INS.

収録刊行物

  • 日本小児腎臓病学会雑誌 = Japanese journal of pediatric nephrology

    日本小児腎臓病学会雑誌 = Japanese journal of pediatric nephrology 14(1), 1-4, 2001-04-30

    一般社団法人 日本小児腎臓病学会

参考文献:  9件中 1-9件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10013031735
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10328470
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09152245
  • データ提供元
    CJP書誌  J-STAGE 
ページトップへ