一様高温下において一定の軸圧縮力を受ける鉄筋コンクリートはり部材の曲げ耐力・変形特性 A STUDY ON MECHANICAL PROPERTIES OF REINFORCED CONCRETE FLEXURAL MEMBERS WITH AXIAL FORCE AT ELEVATED TEMPERATURES

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

原子力発電所の原子炉格納容器, 原子炉・冷却水配管の支持構造, 放射性返還廃棄物, 使用済み燃料などの高レベル廃棄物貯蔵施設等の鉄筋コンクリート構造物は, 高温条件に定常的に曝されることを想定して設計される. 著者は, これらの鉄筋コンクリート構造物の設計合理化に資するため, 鉄筋とコンクリートの物性の温度依存性, 鉄筋とコンクリートの熱膨張係数の相違が複合材料としての鉄筋コンクリートの変形性状に与える影響, 鉄筋フンクリートはり部材としての曲げ耐力, 変形特性などを既報において明らかにした. 本論文は, 軸圧縮力と曲げモーメントを受ける鉄筋コンクリートはり部材の力学特性に与える高温の影響を実験的に把握し, その評価方法について考察したものである.

Reinforced concrete structures such as a containment vessel, a support structure of the reactor, piping systems and facilities for storing high level radioactive waste in nuclear power plants are designed assuming the conditions that those structures are exposed to high temperature conditions. In the previous papers, the author elucidated the temperature dependence of the properties of concrete and reinforcement and the influence of differential thermal expansive strain between concrete and reinforcement on the behavior of reinforced concrete tension and flexural members in order to contribute to the rationalization of the design method. In this paper the influence of high temperature conditions on the flexural behavior and strength capacities of RC members with axial force were made clear and those estimation methods were suggested.

収録刊行物

  • 土木学会論文集 = Proceedings of JSCE

    土木学会論文集 = Proceedings of JSCE (767), 47-59, 2004-08-20

    公益社団法人 土木学会

参考文献:  6件中 1-6件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10013040149
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10014020
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    02897806
  • NDL 記事登録ID
    7078788
  • NDL 雑誌分類
    ZN1(科学技術--建設工学・建設業)
  • NDL 請求記号
    Z16-6
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ