再生細骨材の使用がコンクリートの性状に及ぼす影響とその原因について INFLUENCE OF USING THE RECYCLED FINE AGGREGATE ON PROPERTIES OF CONCRETE AND ITS CAUSE

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

本研究では, 再生細骨材を用いたコンクリートのフレッシュ性状および硬化後の性状が, 普通細骨材使用の場合と異なる原因について検討した. その結果, 再生細骨材を用いた場合, 付着したセメント水和物の影響で, 同一粒度の普通細骨材に比べて細粒分の体積割合が大きいため, その表面積が増加し, スランプが小さくなること, また硬化後の強度, 中性化深さおよびセメントの単位体積あたりの長さ変化率は, 単位セメント量と骨材の吸水量を含む総水量との比 (C/TW) と相関関係があることがわかった. 骨材の表面積とスランプの関係は, 余剰ペースト理論から説明でき, また骨材に吸収されていた水がペースト部に移動することは, 硬化後のペースト中の毛細管空隙分布から推測できた.

The purpose of this study is to investigate influence of using the recycled fine aggregate on properties of concrete and discuss its cause. From experimental results, it was found that the slump of concrete using recycled fine aggregate decreases, because recycled fine aggregate had a bigger volume of fine particles than natural fine aggregate with same grading in weight. There is a correlation between strength, depth of carbonation or shurinkage per unit volume of cement and a ratio of cement to total water. The total water is a sum of water content and total water absorbed in aggregate. This means that water absorbed in aggregate influences porosity of hardened concrete.

収録刊行物

  • 土木学会論文集 = Proceedings of JSCE

    土木学会論文集 = Proceedings of JSCE (767), 61-73, 2004-08-20

    公益社団法人 土木学会

参考文献:  25件中 1-25件 を表示

被引用文献:  4件中 1-4件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10013040156
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10014020
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    02897806
  • NDL 記事登録ID
    7078799
  • NDL 雑誌分類
    ZN1(科学技術--建設工学・建設業)
  • NDL 請求記号
    Z16-6
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ