格子等価連続体化法による鉄筋コンクリート部材の有限要素解析 FEM ANALYSIS OF RC MEMBERS BASED ON LATTICE EQUIVALENT CONTINUUM MODEL

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

本論文は、格子等価連続体化法と称する手法により、鉄筋コンクリート要素の構成式を構築するとともに2次元問題への適用を行ったものである。格子等価連続体化法とは、鉄筋コンクリート要素内の力の流れを、複数本の格子成分を用いるとともに、各格子成分に等価一軸応力-ひずみ関係を適用することにより、連続体構成式を導く手法である。加えて本研究では、開発する構成式、解析アルゴリズムの点において、より収斂性が良く、ポストピーク領域においても安定して解が得られる有限要素法解析ツールの構築を目指している。構築した解析ツールを用いて、構成式の検証を行うとともに、Snap-back挙動も含めた脆性的なせん断破壊するRCはり部材のポストピーク挙動を予測し、実験値と比較することで、本解析ツールの有用性について検討を行った。In this study, constitutive equation of reinforced concrete element was developed based on Lattice Equivalent Continuum Method. Lattice Equivalent Continuum Method is a technique to construct a constitutive equation by using the concrete and reinforcement main lattice system to express the flow of force in RC elements and shear lattice system on crack surface to evaluate shear rigidity. In addition, the objective of this study is to develop a more robust and powerful analytical tool from the view point of constitutive equation and algorism. The validity of the proposal constitutive equation was examined by analysis of RC panel. the validity of proposal analytical toll was examined by evaluating the post peak behavior of RC beam failing in shear including snap-back instability.

収録刊行物

  • 土木学会論文集 = Proceedings of JSCE

    土木学会論文集 = Proceedings of JSCE (767), 115-129, 2004-08-20

    土木学会

参考文献:  25件中 1-25件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10013040226
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10014020
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    02897806
  • NDL 記事登録ID
    7078850
  • NDL 雑誌分類
    ZN1(科学技術--建設工学・建設業)
  • NDL 請求記号
    Z16-6
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  IR 
ページトップへ